プロフィール

女性コーチ専門ビジネスコーチ

株式会社CocoFreey 代表取締役 山 博美

◉1972年  生まれ 双子座

◉ 大阪市出身

結婚後、島根県益田市、浜田市に計6年間住み、 離婚後大阪に帰ってきました。

大阪を5回引越し、 現在は大阪市此花区に10年以上住んでいます。

◉19歳で結婚

◉ 20歳で出産、飲食店を4店舗経営

◉ 25歳で離婚

◉ 32歳でアルバイト、派遣などのを経て

正社員になる。

17年勤めました。

◉  2017年 心理学を学び始める  

会社の人間関係の悪さから、鬱になりかける。

自分と同じような思いをしている人を救う為にカウンセラーを目指す。

 

◉ 2018年 コーチングと出会う

心理学の学びの延長でコーチングを学ぶことになる。

ここで、コーチングが自分にとって本当にやりたいことだと分かる。

 

◉ 2018年 7月 コーチングを副業として始める

◉ 2018年 8月 メンターに出会い、コーチングを本業にできる方法を学ぶ

◉  2018年 9月 コーチングで150万円の契約をとる

◉  2018年 12月 会社を退職し、コーチングを本業にすると決める。会社を設立する。

 

「2017年 カウンセラーになるためにNL P(実践心理学)を学び始める」

心理学を学ぶきっかけになったのは、上司とのトラブルでした。

社外から上司へのクレームの電話がありました。

「〇〇部長に資料送付してお願いしている件、連絡ないけどどうなってるの?」

私が部長に1年前からお願いしていた件でした。

私はお詫びをし、部長に確認すると「もう少し待って」と言われました。

1年以上も経っているにも関わらず、手続きをせず、クレームの電話を受けたのは私です。

まず、私に謝るべきでは?と思いました。

そして、社外の方にこれ以上迷惑を掛けてはいけないと、何とか早く手続きをしてもらわなくては。そう思いました。

そして、その部長の怠慢をその上の元私の上司の取締役に報告すると、注意を受けた部長はすぐさま手続きをしました。

この人は、人を見て判断する人なんだなーと思いました。

部長は、私が取締役へ報告をしたことが気に食わなかったのでしょう。ミーティングで私は、みんなの前で駄目出しをされました。

仕事に真面目だった私は、仕事のためにした事なのになぜこのような気分の悪いことをされるのか意味不明でした。

ものすごくショックを受けました。

私は以前、会社の創立者の1人である方の秘書をしていました。

その方が会社にいらっしゃった時は、その部長と私はとても仲が良かったです。

創立者は、常に私の事を信じ、褒めてくださいました。

「私はできるんだ」と思わせてくれていたのです。

そして、自分の事を犠牲にしてまで尽くそうとする私に対して

「自分を大事にしなさい」

と言ってくださいました。

この方の言葉にどれだけ助けていただいたことか。

その創立者が、お歳のせいで少し被害妄想をされるようになり、私や周りの方に対して攻撃的な発言をし始めました。

その事でも少し心が傷ついていたのですが、輪をかけて、徐々に上司の態度が変わり、偉そうな態度で私のミスを逐一指摘しだしました。

私に頼んだ仕事の責任は、聞いてなかったと全部私の責任にし、ちょっとしたミスをわざわざ言いに来るようになりました。

「私はできない人間だ」と刷り込まれている感じがしました。

部長に対しどんどん不信感を抱くようになりました。

そういえば、私がこの部署に異動になり、初めての仕事で右も左も分からず毎日残業していた頃、部長はとても冷たい態度で一言も労いの言葉はなかったな…。

会社や部署だけの飲み会でもネチネチと他部署や同じ部署の人の悪口ばかり言ってたな…。

私の悪口もどこかで言ってるのだろう。と感じていましたが、自分に自信のない人で可愛そうだとその頃は思っていました。

その頃もしんどかったですが、尊敬する創立者の秘書をしていることだけにやり甲斐を持っていました。

こんな部長のことを課長に相談しましたが「分からない」と取り合ってもらえなかったです。

部長に嫌われると評価が下がるので嫌だったのでしょう。

味方はいませんでした。

そして、夜も寝れなくなり身体に不調が出始めました。鬱になる寸前でした。

このままでは自分がダメになる。

こんな人たちのために会社を辞めたくない。

どうすれば良いのか…。

そうだ、カウンセリングを受けてみよう。と思いました。

そして、カウンセリングルームをネットで探しました。

すると「カウンセリング」のキーワードで、カウンセラーの資格を取る。という記事を見つけ、読んでみると、自身を癒しながら他者も癒す事ができるのがカウンセラーだと書いてありました。

自分も癒せて、他者も癒せるなんてすごい仕事がある。

私、カウンセラーになりたい。

自分と同じような思いをしている人を助けたい。

私は、人の役に立たちたい。

その思いが大きくなり、まずはカウンセラーになるためにNL Pという心理学を学ぶことにしました。

部長との仕事のトラブルのおかげで、心理学を学ぶきっかけになりました。

 

□2018年 コーチングと出会う

NL Pを学び、カウンセラーになる為のスキルを取得しました。そして、NL Pの延長で、最後にNL Pコーチングを学ぶことになっていました。

コーチングをする事で、クライアントの問題を解決し、気付きを与え、それによってクライアントの生きたいように人生を変えることができる。そして、自分自身の達成感も味わえる。やり甲斐もあります。

クライアントの能力を引き出し、行動を起こさせるコーチングとの出会いは、衝撃的でした。

NL Pコーチングを学ぶに連れて、毎日がより楽しくなってきました。

この頃には、上司の事などとても小さな悩みだったと分かり、コミュニケーションも取れるようになり楽しく毎日を過ごしていました。

むしろ、このコーチングを学ぶきっかけを作ってくれた上司に感謝していました。

私は、この時点で、カウンセラーよりコーチングの方をやりたい気持ちが大きくなっていました。

 

「2018年 7月 コーチングを副業として始め契約を取る」

コーチングの面白さは、何と言っても問題解決をした後だと思っています。

「自分の本当に叶えたい夢」がみつかるのです。

私自身も「本当に叶えたい夢」望む未来をコーチングで見つけました。

 

私の本当に叶えたい夢は

「コーチングで幸せな人を増やすことで社会貢献する」です。

コーチが稼ぐことで、夢を叶える人が増え幸せな人が増えます。

 

稼げるコーチを増やしたい。

そう思っています。

 

私は当時会社員だったので、まず目標にしたのは「副業で契約を取る」でした。

 

コーチングを受ける事で、望む未来を手に入れる事ができるとしたら、みんなコーチングを受けるに違いない。

私はそういう思いを持ってコーチングをしていました。

 

すると、あっさり契約が取れてしまいました。

私は、契約が取れた時、コーチングを必要としている人はやっぱりいるんだ!と、確信しました。

クライアントがコーチングを受けることで本当にやりたいことを見つけて、幸せになってほしい。

その思いは益々大きくなりました。

 

そして、コーチングを本業にしたい。同時にその思いが大きくなっていったのです。

 

「2018年8月 コーチングを本業にするために自己投資をする」

コーチングで契約を取りセッションをしていくうちに、ある事に気がつきました。

 

それは、コーチングを本業にするのは難しいのではないか?

という事です。

 

単価5千円〜8千円で契約を取っていた私は、

その頃は副業でいいと思っていたのであまり気にしていませんでしたが、

本業にするとなると、1人単価1万円に上げたとしても、

月に40人程セッションをしないと今の収入になりません。

 

40人…。いくらコーチングで人の役に立つといってもしんどすぎます。

しかも毎月です。

 

コーチ自身が、時間や心の余裕がないのに、人の役に立つセッションはできないのではないか。

という思いがありました。

 

でも、何としても、

「コーチングで人の役に立ちたい。」

「クライアントに望む未来を手に入れてほしい。」

という思いは変わりませんでした。

 

私がその頃気になっていたのは、

 

・コーチングで成功できる人はスキルのある人だけだ。

 

・コーチングの単価には相場があり、安い方がよい。高額商品は誰も買わない。

 

・集客はどのようにしてするのか。

 

と言うことです。

 

そんな時に出会った方が、今のメンターです。

メンターは、実際に成功している方で説得力がありました。

 

「私は成功してしまう」と分かってしまいました。

 

私は、成功するために、100万円を自己投資し、

私が気になっていたコーチングの単価設定と集客についても、教わることにしました。

 

「2018年 9月 副業のコーチングで150万円の契約をとる」

契約をしてから1回目のセッションを受け、わずか2週間で150万円の契約を取る事ができました。

契約を取った時は、正直実感が湧いてこなかったです。

クライアントのこれからの人生に関わっていく自分がいて、この人に幸せになってもらいたい。という思いが大きかったです。

 

高額な代金を支払ってまで問題解決をしたいクライアントに対して、本気で関わって行こうと決めました。

これが、高額商品の「価値」なんだと実感しました。

 

月3人の契約を取る事で月収100万円ほどになります。

私はその頃は副業だったので、限られた時間の中でセッションをしていました。

 

2018年 12月 会社を退職し、コーチングを本業にすると決める。

コーチングを本業にする方法を知った私は、

同じ悩みを持っているコーチングを本業にしたいコーチに対して

「コーチングで稼ぐ方法を」教えて助けたいと思います。

 

そしてコーチ自身に「本当に叶えたい夢」を見つけて望む未来を手に入れて欲しいです。

 

コーチングで稼ぎ、望む未来を手に入れ幸せになるコーチを増やす事で、周りにもまた望む未来を手に入れる人が増え、幸せになる人が増えていきます。

こういった価値を増やすことは社会貢献になります。

 

私は、コーチングを通じて、自分の本当にやりたい事を見つけたい人、そしてコーチに向けて、稼ぐことは社会貢献になることを伝えていくことを決断し、

2018年12月、会社を退職し、コーチングで起業しました。

 

資格

実践カウンセリング修了

 TAカウンセリング認定

米国認定NLPマスタープラクティショナー取得

NLPヒプノセラピー認定

米国認定NLPコーチング認定

 

私の目標は、私と同じ思いを持ち、コーチングで社会貢献したいと思っている、主に女性コーチに向けて、コーチングで本当に叶えたい夢を見つけてもらい、

それを実現させること。そしてコーチとして稼ぐことで社会貢献できることを沢山のコーチに知ってもらうことです。