コーチングの基本「ラポール」を築くことでセールスが上手くいく

コーチングの基本「ラポール」を築くことでセールスが上手くいく 

コーチングの基本「ラポール」でセールスが上手くいく

 
 
あなたは、コーチングで
セールスが上手くいかない。
と、思っていませんか?
 
 
 
無料体験セッションまではいくけど
なかなか契約が上手くいかないのでは
ないですか?
 
 
 
コーチングの基本は「ラポール」です。
 
 
 
「ラポール」とはNLPでいうと
「信頼関係」を築くことを指します。
コミュニケーションをはかるために
非常に重要なスキルです。
 
 
 
 
コーチングを始めて間もない頃は
「ラポール」を意識していますが、
 
 
 
セッションに慣れてくると、
基本を忘れてしまいがちですよね(^_^;)
 
 
 
 
「ラポール」が上手くいかないと、
セールスが上手くいきません。
 
 
 
なぜかというと、
人は、信頼できると思った人に対して
耳を傾けるからです。
 
 
 
つまり、契約を取るには
相手に耳を傾けてもらわなくては
いけませんので「ラポール」
を築くことが大切になります。
 
 
 
 
しかし、
信頼関係を築くためには、
相手の立場になって考えたり、
 
 
 
 
質問したり、大変なことをしないと
いけないと思っていませんか?
 
 
 
実は簡単にできる方法があります。
 
 
 
今日は、このコーチングの基本
「ラポール」について、苦手な人でも
簡単にできる方法をお話しします(^o^)
 
 

「ラポール」がなぜ必要か

 
あなたは、なぜセールスには
「ラポール」が重要か分かりますか?
 
 
 
 
「ラポール」は信頼関係が上手くいき
理解しあえるような居心地の良い状態
をいいます。
 
 
 
あなたが居心地の良い人は
誰ですか?
家族ですか?友達ですか?恋人ですか?
 
 
 
 
居心地の良い人とは、「ラポール」を
築くことができていますよね(^o^)
 
 
 
 
もし、あなたが、
同じ商品を買うとしたら、
 
 
 
 
会ったばかりで良く分からないAさんと
居心地の良い友達、
どちらから買いますか?
 
 
 
どうせなら信頼している相手から
商品を買いたいですよね^_^
 
 
 
 
あなたが相手にとって居心地のいい人
になれば、相手はあなたを信頼します。
 
 
 
初めて会う人に自分の商品を買って
もらうためには「ラポール」が基本
となります。
 
 
 
ラポールを築くとあなたの商品が売れる。
つまり、契約が取れる。ということです。
 

「ラポール」を築くことが苦手でもできる方法とは

 
 
あなたは「ラポール」を築く
ことは得意ですか?苦手ですか?
 
 
 
苦手であれば、
あなたにも簡単にできる
「ペーシング」の一部を紹介します(*^^*)
 
 
 
「ペーシング」とはNLPでは相手に
同調して、理解してくれそうだと
思ってもらえるスキルです。
 
 
 
難しそうですが、すごく簡単です。
 
 
まず、
 
 
相手と同じ姿勢をとります。
 
 
手の位置や首の傾け方、
足の組み方などの動きを
 
 
 
・・・・・
さり気なく同じようにします。
 
 
 
あからさまにするときっと相手が
怒りますよね(^_^;)
 
 
 
 
うなずき方を手の動かし方と
合わせたりもします。
 
 
 
そして、呼吸の調子などを
合わせます。
 
 
 
動作を同じようにしながら、
 
 
 
相手:「今日はいい天気ですね」
 
あなた:「そうですね、いい天気ですね」
「どこか出かけたくなりますね」
 
 
と、リフレクション(おうむ返し)
をします。
 
 
同じ言葉を使うことが大事です(^^)
 
 
 
 
これだけでも、相手はあなたが
信頼できる人だと感じることができます。
 
 
 
いかがですか?
 
 
 
あなたにもできそうですか?
 
 
 
 
是非、体験セッションの時にためして
みてください。
 
 
 
 
「ペーシング」で「ラポール」を
築くことができれば、
 
 
 
決まらなかった契約もスムーズに
取れるようになるかもしれませんよ(^o^)
 

カテゴリ: CocoFreeyのブログ

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP