コーチングで稼ぐことが 目的ではない理由

 

あなたは、コーチングで稼ぎたいですか?

当たり前ですよね、
そのためにこのブログを読んで
くださっていると思います(^^)

でも実は、

コーチングで稼げているコーチは、
コーチングで稼ぐ事を目的にしていません。

コーチングで稼ぐ事を目的にすると
上手くいかなくなります。

稼ぐ事を目的にしなくなった時、
稼げるようになるのです。

 

今日はそんなお話です(*´∀`*)

え?
じゃ何で稼ぎ方を教えているの?

と思った方もいるかもしれませんね(^^)

私は稼ぎ方を教えていますが、
稼ぐ事は目的にしていません。

稼ぐ事を目的にすると、

相手にコーチングという商品を
「売る」という考え方になります。

稼げないコーチは、

「コーチングはすごい」

とか、

「自分はコーチングで人生が変わった」

など、相手にコーチングの良さを
伝えようとします(^_^;)

相手がコーチングを知らない場合、
コーチングの素晴らしさを説明されても

自分と何の関係があるのかが
良く分かりません。

ですので、

「いらない」
「必要ない」

と、なってしまいます・ω・

では、どうすれば良いのか。

答えは、

「相手を助けることを目的にする」です。

つまり、

 

相手の悩みや問題を解決できる
その手段がコーチングで

 

相手を助けることが出来た時、
その対価としてコーチング代金を受け取る。

ということです。

 

「人の役に立つ」
ことで初めて稼ぐことができるのです。

あなたがコーチングで稼ぎたいと
思ったきっかけは何ですか(^^)?

そのきっかけを思い出してください。

 

相手がコーチングを受けることで
何を得られると思いますか?

そこを相手にイメージさせて
クロージングをすると、
契約が上手くいくようになります。

コーチングを売るのではなく、
相手を助ける、相手の役に立つことを
考えるのです(^.^)

私は、コーチングを始めて
間もない頃は、

相手の目標達成をサポートでき、
感謝もされるので、
コーチング=達成感を味わえるものだ。

と、思っていました。

その達成感が欲しくて
コーチングをやっていきたい。
と、思いました。

 

しかし、
どこからこの達成感が
湧いてくるのか?

ということを考えた時、
相手が喜ぶこと、

すなわち、
私が役に立っている\(^o^)/☆

と思えたことで、
達成感を味わえていることが
分かりました。

 

それが分かってからは、
本気で人の人生に関わっていきたい。
と、思うようになりました。

 

相手の気持ちになり、
相手の問題を本気で解決したい。
助けたい。

 

そう思いながら相手と話をするように
なってから、
自然と契約が取れるようになりました。

 

あなたは本気で
コーチングで相手を助けたいと
思っていますか?

そう思っているのであれば、
契約を取れる日は近いです(^^)

 

 

カテゴリ: CocoFreeyのブログ

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP